▼最近書いた記事×10です♪(※新しい順)

2011年06月26日

なんでオヤジは「サウナ」が好きなんだろう?〜の考察。

まあ、今回はどーでもいい話なのだが、40過ぎのオヤジのほとんどは
「サウナが好き」
なよーな気がする。(もちろん例外はあると思うけど……)
なんでなんだろうなあ、と素朴に考えてしまう。自分のことを思い起こしても、
20代の頃なんかはさほど好きだった記憶がない。が、今はとーぜんのように
大好き(!)である。……これは半分冗談、半分本気の仮説なのだが、
どうやら中年という年齢を迎えるあたりから、生物学的な機能がどんどん低下し、
新陳代謝が悪くなり、老廃物や毒素が体内に蓄積されてしまうんじゃないだろうか。
それを僕らは無意識のうちに「外へ出したい」と思うんじゃないだろうか。

すなわちサウナ、である。サウナはそのための格好の場なのである。
100℃を超えるグワワワーンとくる暑さのなかでひたすら汗を流し、
体内の「悪いもの」を
とにかく外へ出してしまおう
というわけだ。
体内の「悪いもの」というのは老廃物だけではない。おそらくは長年の経験によって
貯め込んだ「悪知恵」だとか「ずるがしこさ」だとか、「優柔不断さ」だとか、
「本音と建てまえ」だとか、なんかそーいうものもぜーーーんぶ含めて無意識に
「出しちまいたーーーい」と心と体が願っているんじゃないだろうか?

それはいわゆる「気」だとか「精神」だとか「霊性」だとかの問題なのかも知れない。
フロイトじゃないが、僕らの中に貯まってしまったドロドロとした「悪いもの」は、
まさしく「無意識というフィールド」に降り積もった邪悪で得体の知れない物質であり、
サウナはそれを強制的に外へあぶり出してくれるというわけだ。
これはすごいことじゃないか!
そうか、だからわれわれオヤジはサウナが好きなのか!

……などと妄想を描きながらサウナに入ると、すんごく得した気分に
なりますので、
ぜひ今度やってみてください、というお話でした(笑)



▼▼▼▼▼
このブログを見て「よかった」なんて思った方はポチッとクリックしてくれるとありがたいです。
▼ランキングに参加中!!……一度やってみたかったんだよね、コレ(笑)


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ



posted by genki06 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ★→ほんの雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

6月の雨に最も似合う曲・ベスト1



6月も終わりに近づき、梅雨もそろそろ終わろうとしている。
『6月の雨の夜、チルチルミチルは』by 友部正人。
難解である、なんともやっかいな歌である(笑)
それでいて、悔しいけれど心に残ってしまう。僕が友部を最初に聴いたのは、
中学の終わりか、高校に入った年だったと思う。『大阪にやってきた』という
アルバムに出会い、『一本道』(セカンドアルバム『にんじん』に収録)に涙した。
なんだろうな、このヘンな声に、ヘンな歌。奇妙な緊張の糸を張りつつ、
『言葉』をシャウトする。そう、友部は詩人であり、「言葉をシャウトする歌手」だ。
(と、僕が決めつけたんだけどw)
ずい分と長い年月が経ったな。この演奏でさえ20年以上前のものだし、
友部は50年近くも歌いつづけている。

6月の雨に最も似合う曲・ベスト1はこれでキマリだ。


「続きを読む」に歌詞を紹介してあります。
聴き終わって、興味のある方はどうぞ♪


続きを読む
posted by genki06 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ★→ほんの雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

雨の歌、この曲もいいなあ。CCRだ。CRCじゃないからね(笑)



CCR=クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival)
『雨を見たかい?』Have You Ever Seen the Rain?
いい曲だよなあ。ジョン・フォガティのボーカルが渋くて力強い。
1971年シングルとして発売されビルボードで8位になった。
歌詞が「ベトナム戦争の反戦歌で、「雨」は米軍によるナパーム弾爆撃の
メタファーである」という説があったが、作詞作曲のジョン・フォガティ自身は
あっさりと否定している。
「雨を見たかい』はCCRの崩壊についての歌なんだ」と(笑)
でもって、CCRは72年にあっさりと解散している。
もったいないなあ。
なんか、僕的にはどしゃ降りの日にクルマを運転しているとき、
大声で口ずさみたくなる曲なんだけど、それってヘンかな(笑)
若い人にぜひ聴いてもらいたい。(特に男子!)


▼▼▼このブログを見て「よかった」なんて思った方はポチッとクリックしてくれるとありがたいです。
ランキングに参加中!!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

posted by genki06 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ★→ほんの雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

「心が弾むような雨の歌」なんてあるのかな?……あったよ(笑)


懐かしいなあ。ご存知アメリカン・ニューシネマの傑作『明日に向かって撃て』
(Butch Cassidy and the Sundance Kid)の挿入歌。BJトーマスが歌ってる。
映像もまた美しい。アーリィ・アメリカンな、のどかな田舎道を、自転車に
二人乗りしたポール・ニューマンとキャサリン・ロス。僕が観たのは中学生
くらいのときだっただろうか。(と、歳がバレる。。。。)
マジでこれと同じ自転車が欲しくなったりした(笑)
……それにしても、キャサリン・ロスが奇跡のように美しい。
『雨にぬれても』〜Raindrops are falling on my head
雨のことを歌っているのに、こんなに心が弾む歌もめったにないんじゃないだろうか。
雨の日にはこの曲を聴いてダウンぎみの気持ちに弾みをつけよう。
ちなみにビルボード誌では1970年1月3日に週間ランキング第1位を獲得。
同誌1970年の年間ランキングでも第1位に輝いている。
うむ。名曲だわ。

対訳の歌詞も付けておきますんで、
興味のある方は「続きを読む」をどーぞ♪




▼▼▼このブログを見て「よかった」なんて思った方はポチッとクリックしてくれるとありがたいです。
ランキングに参加中!!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

続きを読む
posted by genki06 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ★→ほんの雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

SEOについて、「ごくシンプルに」考えてみる。

前回につづき、⇒最近のSEOはますますワケがわかんなくなってきている。。。

SEOの話をもう少し。〜SEOは「どれが正しくて、どれが間違っているかがあんまし
よくわからない」……ということは間違ってないだろう(笑)なぜなら、その秘密は
検索エンジン側、つまりはグーグルさんがぜーんぶ握っているからだ。
これはもう「リバースエンジニア的」な発想で考えるっきゃない。
つまり、Aという検索結果が出たということは、A´という検索基準による
アルゴリズムを採用しているから(だろうと予想する)
、ということになる。
いわゆるSEOの専門家という人たちは、ずっとそういうことをやってきた。

こういう結果が出ているということは……」
⇒「こういうサイト評価をしているからにちがいない」というわけだ。


昔はそれがけっこう「当たっている」ことも少なくなかったのだが、グーグルさんの
アルゴリズムはますます高度化、複雑化しており、そんな安易な分析を寄せ付けない
ところがある。さらに、そのアルゴリズムは日々刻々と変化をつづけているという。
とはいえ、グーグルさんが考えていることはたったひとつ。「ユーザーがいかに
探したい情報にジャストフイットした情報により早くたどり着けるか?」ということ。
そのために、どのようなアルゴリズムがベターなのかを日々模索しているわけだ。

そんじゃあ、グーグルさんの立場に立って、
SEOについてもっと思いっきりシンプルに考えてみようじゃないか。

ちょっと長くなりそうなので、あとは「つづき」でやろうかな。
興味がある人だけ読んでくださいな。

 ↓
続きを読む
タグ:SEO
▲とりあえずTOPページへ帰ろう▲













Copyright (C) 2011 Genki James. All rights Reserved,I used the system of the SeeSaa blog.I thank you very hard.


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。